ネットオークション規約違反になってませんか?

ネットオークション利用虎の巻

ネットオークションという、利用者がある程度自由に利用できるコンテンツに必要なのは相手を思いやる心です。老若男女、様々な人が利用者になりえます。落札者である相手の気持ちになったとき、果たしてその出品はふさわしいのか、もう一度熟考してみましょう。

おすすめリンク

東京で家具買取を望むなら

東京で家具買取をしている店舗を紹介しています。必要な時には利用してみると良いでしょう。

犯罪につながってしまう品目

ネットオークションで何気なく出品したものが実は犯罪すれすれ、あるいは誰かの犯罪の手助けになってしまうこともあります。悪気はなくても責任を問われてしまうことがあるのです。自分にとっては不要のゴミ同然のものに高値が付いた時は出品自体が不適切な場合があります。

意外な落とし穴

状態もよく、禁止されている品物でもない場合でも、売買に制限がかかることがあります。販売自体に許可が必要な品物だったり、あるいは特殊な出品物だったりしたときです。出品に自信があっても、利用しているネットオークションの規約をどんな場合でも見直しましょう。

社会的風紀を乱すもの

ネットオークションが出来て、いらないものの処分もお金になるようになりました。
利用者の立場からすると、高級ブランドの商品が驚くほど安く手に入ったり、限定もののプレミアム品が落札出来たりしますよね。
出品されている品目も実に多岐にわたり、出品を見ているだけで楽しい気持ちになるものです。
ところがこのウェブコンテンツには落とし穴があります。
いかにも胡散臭いような品物が出されていたり、落札したはいいけど期待や写真と異なる商品が届いたりしてがっかりした経験がある方もいるかと思います。
ネットオークションの管理者側もこうしたトラブルを避けるために様々なガイドラインをもって予防線を張っています。

ネットオークションに限らず、サービスを利用する際には長い規約を読んで同意する必要がありますが、ネットオークションの規約は出品してよい品物・出品出来ないものが実に細かく規定されています。
すべてに目を通すのは大変ですが、万が一出品不可の品物を出してしまって運営に見つかった場合、最悪のパターンでそのサイトを二度と利用できなくなってしまうかもしれません。
違法な品目を出品しさえしなければいいのでは?と思ってしまいますが、事態はそう簡単ではありません。
いくら手軽にできるとはいえ、ネットオークションはれっきとした売買の場です。
売り手側に必要な心得はビジネスオーナーとそう変わりません。
誠実な姿勢で臨むことが大切です。

項目ごとに分かりやすく解説したので、一つ一つ確認していきましょう。